朝顔(あさがお)の花言葉
そんな朝顔(あさがお)の花言葉は
このような内容となっています。
「愛情」
「愛情の絆」
「短い愛」
「はかない恋」
「平静」
「結束」
「明日もさわやかに」朝顔という名前は
朝に咲く花の様子を、
美しい女性の顔に例えられています。
そのため、朝顔という花の名前は、
「朝の美女」という意味もあるのだそうです。
また、朝花を咲かせた後は、
昼近くにはしぼんでしまうという、
その花自体は非常に短い期間しか
咲いていられません。
そんな特徴をとらえて、
「短い愛」や「はかない恋」という花言葉が
つけられているとも言われています。
そして、朝顔(あさがお)と言えば、
長いツルをしっかりと伸ばしていき、
木や岩などに絡ませつつ這っていきます。
巻きついたつるは、しっかりと木などに、
結びついていくことから、
「結束」や「愛情の絆」という花言葉が
由来となっているんです。
 

2014年の朝顔市
・朝顔市とは
明治初期、入谷の十数件の植木屋が朝顔作りを始め、
年々大輪や珍花を咲かせ、評判になりました。
東京の都市化の波と共に大正2年に途絶えましたが、
昭和23年、地元有志により復活しました。

入谷の朝顔市というのは、
江戸時代から続いている、
下町の夏の風物詩なんです。
開催時間は朝の6時からとなっていて、
朝の一番から、100以上の朝顔販売業者が集まって、
いろんな色の朝顔が販売される
賑やかなイベントなんです。
でも、朝早くはちょっと
という人もいるかと思いますので、
お勧めの時間帯は夕方くらいから
と言われています。
夕方の時間帯となると、
涼しくなってくるという
気候的な問題もそうですが、
ピーク時よりも人が少しだけ減り、
歩行者天国のスペースが使いやすくなりますので、
ぜひ、今年は朝顔市に行ってみようという方は、
行ってみる時間を工夫してもよいかもしれませんね!
消臭サプリメントのランキングサイト