車を売る時に高額買取りを期待する場合には需要のある車かどうかというのが
一つの基準になりますが、反対に車を買う時にお買い得な車を購入したいのであれば
今度は逆に需要のある人気の裏をかくことが重要になってくると言われています。
これは中古車の価格が決まる要因について考えてみれば理解することができるでしょう。
おそらくほとんどの人は中古車の価格はその車の状態によって決まると答えます。
では状態とはなんなのか?なぜ状態のいい車の価格が高くなるのか?という話です。
答えは簡単で状態のいい中古車というのはみんなが欲しがっているからです。
このみんなが欲しがっている=需要があるというのが中古車の価格を大きく左右します。
例えば車の状態を知る一つの目安に走行距離があります。
当たり前の話ですが、走行距離が1万キロの車と10万キロの車であれば1万キロの
車のほうが需要が多いので販売店としても値段設定は高くなります。
一方で10万キロの車というのは人気が少ないので販売店からするとその車を売るためには
販売価格を安くしなければいけません。今回は走行距離を例にしましたがこれは
ボディーカラーや年式、傷の有無などいろいろなことに言えるのです。
このようなことを全てひっくるめて中古車の価格というのは決まっているのです。