3年ほど前から、フリーソフトによる家計簿をつけています。
このような家計簿では、使った金額の合計が簡単にわかります。
そして、その月の支出の合計のようなものもすぐにわかります。
したがって、うまく利用すれば、家計の管理に大きく役立てることができると考えられます。
わたしの場合、ひと月に使える予算はいくらまでと決めています。
そして、家計簿で使った金額の合計をみると、あとどのくらいならば使っていいとかいうことがわかってきます。
また、家計簿というものは、カレンダーのようになっているので、自分のイベントに合わせて家計を考えることもできます。
さて、その家計簿ですが、あまり細かくはつけていません。
食費などは、買ったものをひとつひとつ入力したりはしません。
どの店で、いくら食費を使ったかといった具合に入力するだけです。
大まかな入力というのが、続けるポイントだとも思っています。
昔ながらの紙の家計簿を使っている人もいると思います。
それも、支出を反省するためにはいいと思います。
しかし、パソコンを使っての家計簿のほうが、計算の手間が省けるので格段に楽だと思われます。
各年ごとの集計もできるので、1年を振り返ることも可能です。
家計の節約にもつながっていると思います。
借金地獄からの脱出